まき爪が両足にできた!

 

たかが巻き爪、しかし、私にとっては人生を変えてしまった疾患でした。

私が両足の親指に異常を感じ始めたのは、小学校3年性くらいの頃だと思います。

 

母に、指が痛いと訴えたのでしょう、母はすぐに私を病院に連れて行ってくれました。

そこは、皮膚科でした。 行き始めた初期などはよく覚えていませんが、とにかく頻繁に通院していたのを覚えています。

 

巻き爪で化膿し、爪の横の肉はジクジクと真っ赤に腫れ上がり、立っているだけで痛みがありました。 皮膚科では、洗面器に満たした消毒液でよく洗い、湯船に足を付けないよう指導されました。

 

常に両足を上げて浴槽に浸かる生活を、ずっと続けていました。

そして、プールの授業は全て欠席・・・。 通常の体育の授業も、痛みでまともに走れないのでままなりません。 体育の成績は常に底辺でした。

 

そして、化膿が酷くなると、皮膚科で患部をドライアイスで焼かれるのです。

もちろん麻酔などはなく、かなりの激痛を耐えました。

 

それは、一度では無く、何度か行われました。 今となっては、その無意味な治療に対して疑問と不信感しかありません。

一年ほどその様な状態が続いた後、何故か母は総合病院の外科に連れて行ってくれました。

 

その後は直ぐに爪の切除手術が行われ、嘘の様に症状は治まっていきました。

それまで、自分はずっとこの足(当時は爪の仕業とは思わず、ただ爪の間にばい菌が入ったのだという認識でした)と付き合って行くしかないと思っていたのですから、それはもう、嬉しかった覚えがあります。

 

でも、私はそれからも運動への苦手意識は拭えず、オーバーサイズの靴を履き続けた足の形は不恰好で、今も靴選びには悩みます。

もっと早くに適切な治療が受けれていたら、今とは少し違った子供時代を過ごしたのかな、と感じる時があります。

 

何より、私の事で気を揉む故に、医師の言う通りに無為な治療を受けさせた事を、母が悔やんでいなければと思います。

小さな手術痕はありますが、全く再発もせず健やかに過ごせている事に、とても感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です