巻き爪を自分で治療!初期ならできるかも

 

私は小学生の頃から巻き爪に悩まされてきました。

両足の親指の爪を指の高さよりも低く切ってしまってそれ以来、頻繁に爪がくい込むようになってしまったのです。

 

靴が合わなかったりヒールなどの体重の重心をつま先にかけてしまうような履物を長時間履いたりすると爪がくい込み、痛みを感じてそれが悪化すると化膿して膿が出来てしまいます。

それを解消する為にくい込んだ爪を爪切りやピンセットなどを用いて何とかして取り除いた後、膿を出して化膿している箇所をオキシドールなどの消毒液で消毒してその場しのぎで症状を解消していました。

 

爪がくい込むことが頻繁なのでその度に先程のような対処をしてやり過ごしていましたが、あまりにも酷すぎるなと感じたので病院で治療することにしました。

病院の口コミやホームページを見て情報を集めて実績が多い先生が居る病院で治療することにしました。

 

治療方法は爪の端の丸くくい込んだ形をワイヤーを使って真っすぐな正常の爪に戻す方法などいくつかあったのですが確実に治すために、爪の端の部分を根本から切除して、もうくい込まないようにする手術をすることにしました。

この手術をすることによって今後100%爪がくい込まないという保証は無いのですが一番確実な方法だと言われたので決断しました。

 

手術は麻酔をして爪の根元から切るために皮膚を少しだけ切開し、爪を根元から切除して爪自体の幅を狭くして切開した箇所を縫合し終了でした。

手術している時は麻酔を打つ時以外、痛みを感じません。

 

麻酔が切れるとジンジンと脈打つような痛みを感じますが鎮静剤や軟膏を使用しながら様子を見て1週間では抜糸できます。その後1か月後に再診して終了となります。

手術をして以来、爪の切り方などに気を付けているので爪がくい込むことは今の所無いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です