つらい巻き爪に長年悩まされています。

両脚の爪が巻き爪になっているわけではなく、私の場合左脚だけが巻き爪です。

 

また、左脚には外反母趾もあるため、靴によっては痛くて痛くて歩くのが本当に苦痛です。

特に仕事中はストッキングまたはタイツ、それにヒールのついているパンプスが絶対なので、ストッキングなどで指先をキュッと締め付けられる上にパンプスで体重が前方にかかってしまい、トイレに行くたびにパンプスを脱いでストッキングの先を引っ張り親指を休ませています。

 

このままでは悪化する一方でいつか歩けなくなったりしてしまうんじゃないかと心配になり、休みの日は足先を締め付けない靴下を履くようにしています。

私の巻き爪が痛むようになるのと同時に外反母趾の症状も出てきて、もしかしたら外反母趾がひどくなったせいで巻き爪も悪化したのかも…?と思い、先日は外反母趾をサポートするものをドラッグストアで買ってきました。

 

親指と人差し指の間に挟むクッションのようなものなのですが、これを入れただけでも外反母趾だけでなく巻き爪も多少痛みが減った実感があります。

他に対策としては小まめに足の爪を切り揃えることです。

 

巻き爪の場合は四角くなるように切ったほうがいいという方が多いようですが、私の場合そうしてしまうと爪が肉に刺さって痛むので、丸く短く切るようにしています。

そのせいで残念ながらフットネイルができなかったりしますが、痛みがあるより全然いいと思っています。

今後悪化したら病院での治療を考えるべきだとは思いますが、小心者なので恐怖しかありません。これ以上悪化しないことを祈ります。

 

私は足の親指の巻き爪が酷く、「つ」の字型になっています。それが幼少期からの悩みで、特に中学生の頃は運動をする度に痛みが出て大変でした。

少し何か物に当たるだけでも出血する始末で、皮膚科にも何回か通いました。

皮膚科では、完全に治すには手術をするしかないと言われましたが、手術をすると数ヶ月はまともに歩けないそうなので、それは困ると手術は断念しました。

 

そこで、皮膚科の先生が対処療法を教えてくれたのですが、その方法で何とか巻き爪での学生生活を何とか乗り切ることができました。

その方法はというと、「綿棒」の真ん中の硬い棒状の部分を1cm弱の長さに切り、それを爪と皮膚の間に挟んでテープで巻く、という方法でした。

爪と皮膚の間に挟む、というよりは爪が皮膚に食い込んで痛みが出ないように、皮膚を綿棒で押し下げる、という方が正確かもしれませんが、こんな方法で私の巻き爪による痛みは大分改善できました。

 

毎日テープで巻かなければならないのは少し手前ではありますが、その手間であの激痛が治るのであれば、たいしたことではありません。

しかも、嬉しいことに、しばらくこのテーピングを続けていると、テーピングをしなくても痛みが出ることが減ってきて、たまにテーピングするくらいで済むようになったのです。

この方法を知る前の苦痛を思うと、早くこの方法を知っておけば、という気持ちになりますが、周りに巻き爪で悩んでいる人がいたら、この方法をぜひオススメしたいと思います。

 

このサイトでは巻き爪の原因とその治療方法を紹介してきました。

人によっては成功、失敗、いろいろありましたね。

そんな中で自宅で、一人で巻き爪を直した、という人は1人もいませんでした。

 

それは方法がかなり限られていて、なおかつ知ってる人が少ないというのが理由です。

なのでここでは自宅で治療できる方法を一つ紹介。

 

器具で治す!

それは「巻き爪ロボ」という器具を使って治す方法。

これは爪にセッティングして、きりきりねじを巻いていくだけで詰めを平らにしてくれるという画期的な器具。

⇒巻き爪ロボとその口コミを見る

 

これを購入したり使ったりするのに場所の制限などはないので誰でも、そして家でじっくり矯正できるんです。

自宅でできるというのは病院に行く必要がないので時間にかなり余裕ができるというところ。

通う時間、待ち時間、予約時間などかなり自分のプライベートが制限されますよね。

 

巻き爪ロボは治療時間自体も短く、30分程度で一回の治療が完了するので自分の時間を大事にしたい人と非常に相性がいいんですね。

忙しくて病院に行く暇がないなんて人でも、十分治療することができます。

 

しかも肉や爪を切ったりする手術ではないので体へのリスクがかなり少ないのもメリット。

このサイトの感想や口コミでもありましたが、切ってしまうと跡が残ったりなんらかの傷は必ずつきます。

その心配が一切ないというのはかなり大きいですね。

 

効果自体もかなり高く、通販サイトのレビューなんかを見てみると多くの人がその効果を実感しています。

確かに1つ20000円ほどと結構かかりますが、これ1つでずっと使えるので元は取れます。

電機なども使ってないので壊れさえしなければずっと持ちます。

気になる方はぜひ検索してみてくださいね。

 

 

 

たかが巻き爪、しかし、私にとっては人生を変えてしまった疾患でした。

私が両足の親指に異常を感じ始めたのは、小学校3年性くらいの頃だと思います。

 

母に、指が痛いと訴えたのでしょう、母はすぐに私を病院に連れて行ってくれました。

そこは、皮膚科でした。 行き始めた初期などはよく覚えていませんが、とにかく頻繁に通院していたのを覚えています。

 

巻き爪で化膿し、爪の横の肉はジクジクと真っ赤に腫れ上がり、立っているだけで痛みがありました。 皮膚科では、洗面器に満たした消毒液でよく洗い、湯船に足を付けないよう指導されました。

 

常に両足を上げて浴槽に浸かる生活を、ずっと続けていました。

そして、プールの授業は全て欠席・・・。 通常の体育の授業も、痛みでまともに走れないのでままなりません。 体育の成績は常に底辺でした。

 

そして、化膿が酷くなると、皮膚科で患部をドライアイスで焼かれるのです。

もちろん麻酔などはなく、かなりの激痛を耐えました。

 

それは、一度では無く、何度か行われました。 今となっては、その無意味な治療に対して疑問と不信感しかありません。

一年ほどその様な状態が続いた後、何故か母は総合病院の外科に連れて行ってくれました。

 

その後は直ぐに爪の切除手術が行われ、嘘の様に症状は治まっていきました。

それまで、自分はずっとこの足(当時は爪の仕業とは思わず、ただ爪の間にばい菌が入ったのだという認識でした)と付き合って行くしかないと思っていたのですから、それはもう、嬉しかった覚えがあります。

 

でも、私はそれからも運動への苦手意識は拭えず、オーバーサイズの靴を履き続けた足の形は不恰好で、今も靴選びには悩みます。

もっと早くに適切な治療が受けれていたら、今とは少し違った子供時代を過ごしたのかな、と感じる時があります。

 

何より、私の事で気を揉む故に、医師の言う通りに無為な治療を受けさせた事を、母が悔やんでいなければと思います。

小さな手術痕はありますが、全く再発もせず健やかに過ごせている事に、とても感謝しています。

 

私は小さいころから巻き爪でいつも靴を履くと親指の先がとても痛かったです。

またバスケットをしていたので、いつも爪に負荷がかかっていて巻き爪部分が膿むようになっていました。

 

その為小学生の時に巻き爪の手術を受けました。

今であればほとんどの治療が針金などで巻き爪部分を伸ばし痛みを緩和させるものですが、私が小学生のころは爪の切除が治療の主流でした。

 

爪の切除手術は今思い出しただけでも鳥肌が立ちますが、足の親指に輪ゴムをして血を止め、パンパンに腫れあがった指に直接麻酔の注射をし、足の爪の生え際から爪を取り除くという内容でした。

その為抜糸に一か月くらい時間がかかりとても不便な毎日を過ごしていました。

 

お風呂に入る時も常にビニール袋をして水がかからないようにします。

また毎日消毒に病院に通いました。

ずっと続けていたバスケットもその期間はお休みをしていました。

 

でもそこまでしても治療をしないといけないほど、私の巻き爪は重症で同じ部分を合計で3回も手術をしました。

私は足の右親指の左側と、左親指の左側をそれぞれ3回手術しました。

 

手術から15年余り経過していますが、現在も場合によっては痛みがあるときもあります。

また切除していない側の爪も年々巻きがひどくなっています。

 

その為また治療をしなければいけないなと思っています。(今度治療する時は切除手術ではなく、針金で爪を伸ばす治療がしたいと思っています・・・。)

ですが、巻き爪を治療したことでいまではヒールを履くことが出来ます。

 

もし小さい頃に治療していなかったら、きっとヒールはおろか靴を履くのも痛いままで、ましてやスポーツなんて絶対にできなかったと思います。

痛い思いをしてでも小さい頃に治療をしておいてよかったと思っています。

 

金融機関で営業をしていましたが、ピンヒールで毎日外回りをしたことで、巻き爪が悪化しました。

親指の爪が肉に食い込んで真っ赤になり、痛くて歩けないほどに。

 

通勤や休日はスニーカーで過ごして少しでも治そうと思ったのですが、仕事でペタンコの靴をはくわけにもいかず、一向によくなりませんでした。ある日、親指の炎症が悪化して膿が溜まってしまい、ズキズキと痛みがひどすぎて眠れないほどになってしまいました。

 

たまたま次の日が休みだったので、「月曜までになんとかしなければ!」と、足を引きずりながら足専門のサロンに駆け込みました。

なぜサロンにしたかと言うと、友人の巻き爪が悪化した時に、病院に行ったら爪の両脇をばっさり切られてしまったと聞いたからです。「

 

とにかくものすごく痛かったし、見た目もいびつになってしまって本当に悲しかった」と話していた友人のことを思い出し、できるだけそれ以外の方法で治したいと思って色々な調べてみました。

すると、爪をばっさり切らなくても、痛みがほとんどなく治せるというサロンがあったので、そのお店に行ってみることにしたのです。

 

ワイヤーを巻き爪の両脇に引っ掛けて、伸びるに従って少しずつ巻きを改善してゆくという方法で、正直言って高いですし、時間もかかりそうでした。で

も、見た目も痛みも日常生活に影響がなさそうだったので、思い切って通いはじめました。

半年ほどでだいぶ改善し、今では痛みは全くなくなりました。10万円以上かかったと思いますが、とても満足しています。

 

私は小学生の頃から巻き爪に悩まされてきました。

両足の親指の爪を指の高さよりも低く切ってしまってそれ以来、頻繁に爪がくい込むようになってしまったのです。

 

靴が合わなかったりヒールなどの体重の重心をつま先にかけてしまうような履物を長時間履いたりすると爪がくい込み、痛みを感じてそれが悪化すると化膿して膿が出来てしまいます。

それを解消する為にくい込んだ爪を爪切りやピンセットなどを用いて何とかして取り除いた後、膿を出して化膿している箇所をオキシドールなどの消毒液で消毒してその場しのぎで症状を解消していました。

 

爪がくい込むことが頻繁なのでその度に先程のような対処をしてやり過ごしていましたが、あまりにも酷すぎるなと感じたので病院で治療することにしました。

病院の口コミやホームページを見て情報を集めて実績が多い先生が居る病院で治療することにしました。

 

治療方法は爪の端の丸くくい込んだ形をワイヤーを使って真っすぐな正常の爪に戻す方法などいくつかあったのですが確実に治すために、爪の端の部分を根本から切除して、もうくい込まないようにする手術をすることにしました。

この手術をすることによって今後100%爪がくい込まないという保証は無いのですが一番確実な方法だと言われたので決断しました。

 

手術は麻酔をして爪の根元から切るために皮膚を少しだけ切開し、爪を根元から切除して爪自体の幅を狭くして切開した箇所を縫合し終了でした。

手術している時は麻酔を打つ時以外、痛みを感じません。

 

麻酔が切れるとジンジンと脈打つような痛みを感じますが鎮静剤や軟膏を使用しながら様子を見て1週間では抜糸できます。その後1か月後に再診して終了となります。

手術をして以来、爪の切り方などに気を付けているので爪がくい込むことは今の所無いです。

 

巻き爪には、先天的なものと後天的なものがあるかと思います。

わたしの場合、先天的な巻き爪ではなく、爪切りのミスによる陥入爪(かんにゅうそう)の体験となります。

 

たった1回の深爪が長期間の激痛とストレスを引き起こすとは、思いもしませんでした。

ある日、左の親指を深く爪切りで切り過ぎてしまいました。その後、生えてきた爪が脇の肉に刺さり、肉芽ができました。

ぷくーっと膨れ上がった肉芽は赤紫色に腫れており、触れると激痛を引き起こしました。

 

足を引きずりながら出勤していたのを覚えています。病院に行くことが怖かったため、まずは自力で何とかしようと思いました。

コットンパッキングをしました。爪のふちからティッシュを詰めました。楽になったのは最初だけで痛みはひきませんでした。

 

仕方ないので、整形外科に行きました。駅から遠かったのですが、何とかたどり着き、クリップをしてもらいました。四角形のクリップで爪をはさみ、だんだん平らにしていくというものでした。

こちらは効きました。腫れがおさまったのです。

 

治るのかな、と思った矢先にクリップを紛失してしまいました。そうすると、また、腫れが出てきました。

膿も出ることもありました。思い切って、食い込んでいるところの爪をほじくりだして、パチンと切ったり、肉芽の中でふにゃふにゃになった柔らかいもろい爪をピンセットで抜いたこともあります。

 

その時は激痛は劇的に治まりましたが、しばらくすればまた痛くなりました。

整形外科にもう一度行く勇気はありませんでした。クリップもなかなか売っていないようでした。これではダメだと、巻き爪専用のドリルとワイヤーを購入しました。

 

爪に穴を開け、ワイヤーを通してまっすぐにするというものです。れにコットンパッキングもプラスしました。

激痛はなんとか治まり、普通に歩けるようになりました。が、食い込みはまだありましたし、完全には治りませんでした。そういった期間が2~3年続きました。

 

気付いたら治っていました。今は肉芽だったところがそのまま盛り上がった通常の肉となり、見た目は少しいびつですが、ほとんどわからない程度に完治しています。